ヴァレリー・アルヴェ

この小説の作者『ヴァレリー・アルヴェ』は、カナダ人小説家、社会学研究者かつ作詞家、歌手である。根っからのロマンティストで、生きることに情熱を燃やしている。 本作品の舞台であるケベック州シャルルボワ地方に生を受けた。カナダ国内では既に数冊の著作がある。夫婦デュ エット『夢』の 作詞とボーカルを担当。フランス語と日本語で歌っている。2021年のNHKのど自刻の特別賞を受賞した。家族とイクマあきらの「ダイナミック琉球」を歌いた。2015年にはNHKWorldコンクール「We love Japanese Songs」に参加し、「残酷な天使のテーゼ」を歌って審査員特別賞を獲得した。ヴァレリ・アルヴェは日本に関する本を既に6冊フランス語で出版しています。旅行エッセー、日本の少子化に関する考察、そして4〜 8歳の幼児を読者対象とした日本紹介の本です。